広島デンタルアカデミー専門学校は歯科衛生士養成のための専門学校です。

HOME > 歯科衛生士とは?

歯科衛生士とは?

  歯科衛生士とは?

HDAブログ

オープンキャンパス

資料請求

歯科衛生士ってどんなお仕事?

一言でいうと、「お口の健康」のスペシャリストです。
私たちが普段何気なく行っている「食べる」「話す」「歌う」「味わう」「飲み込む」等といった行為。

これには口の働きが欠かせません。
もしこの働きが十分に機能しなくなるとどうなるでしょう?
生死に関わる事はもちろん、人生の楽しみが減ってしまうと思いませんか?
歯科衛生士は、様々な人のライフステージにおいて、その人の口の状態に
合わせたケアを行い、健康へと導いていくとても奥が深いお仕事です。

歯科衛生士の3大業務プラス1

1 歯科予防処置

歯科予防処置イメージ

虫歯予防のために歯にフッ素という薬を塗ったり、歯周病などの原因となる歯垢や歯石を取り除いたり、歯科衛生士だからできる重要な仕事です。

 

2 歯科診療補助

歯科診療補助イメージ

歯科医師の診療をサポートしたり、歯科医師を補助しながら患者さんの治療にあたります。治療のための器具や薬品の準備・管理も大切な仕事です。

 

3 歯科保健指導

歯科保健指導イメージ

歯磨き指導はもちろん、豊かな生活を送るために個々の患者さんに合わせて相談や指導を行う仕事です。

訪問歯科診療 ”介護を受けている”又は”体が不自由である”など本人が歯科医院へ通院することが困難な方の自宅や施設を訪問し、歯科診療や口腔ケアなどを行う仕事です。
歯科衛生士の魅力
魅力1.やりがいのある仕事

やりがいのある仕事イメージ

いくらお給料が高くても、仕事は「やりがい」がなければ続きません。歯科衛生士は患者さんという人間相手の仕事なので日々発見・勉強しながら成長していきます。医療人として、プロフェッショナルとして、プライドを持って働くことができます。

魅力2.高い将来性

最近マスメディアで「歯」や「口」に関する情報が頻繁に取り上げられています。「全身の健康は口から」という認識が広がってきている証拠です。また、これから高齢化社会を迎えるに当たり、 「豊かな老後」を送るために口の健康は欠かせません。歯科衛生士はさらに必要とされる職業となるでしょう。

魅力03.広がる活躍の場

歯科衛生士の活躍の場は歯科医院だけでなく、大学・総合病院から保健所や研究施設、さらに社会福祉施設など福祉や介護の分野にまで広がっています。

歯科衛生士の活躍分野イメージ

歯科衛生士科先生に聞く 歯科衛生士歴、約20年。広島デンタルアカデミーで教員として働く下野先生に仕事の魅力をインタビュー!
―歯科衛生士とはどんな仕事ですか?
日々患者さんとふれあい成長していける仕事です。最近は予防歯科に対する認識が高くなり、保健指導や予防処置を行う場面が増え、患者さんに深く関わる事が多くなってきています。働いていると「先生!」と声をかけられたり、歯科衛生士の事を認識されている方も随分増え、気軽に相談して下さったりと良いお付合いができています。
―歯科衛生士として現場で
心がけていたことはありますか?
子どもの歯科治療は「怖い、痛い」というイメージをもってしまうとうまく行えないので特に気を使います。まずは一緒に歯ブラシを使って磨き方等の練習を行い、「怖くない、できる!」という安心感と自信がついた後で歯科医師にバトンタッチして治療に移ります。「ちょっと痛いかもしれないけれど○○ちゃんならできるよ。もうおねえちゃんだもんね」と沢山ほめながら、決して「痛くない」と嘘はつきません。
―仕事にやりがいを感じたときは?
子どもたちがなついてくれたり、患者さんに『よく頑張るね〜。あなたの顔を見にきたんよ』と笑顔を頂ける事は嬉しいものです。患者さんに『教える』事だけでなく患者さんから『学ぶ』事も多く、これが歯科衛生士のやりがいや楽しさにつながっています。
―これから関わる学生に伝えたいこと
最新の情報も常に取り入れ、技術や経験をしっかり伝えていきたいです。この学校では、技術と同時にメンタル面の指導へ力を注いでいる事も特徴の1つ。例えば「こころの講座」、印象の優しいメイクや礼儀を学ぶ「ビューティーマナー講座」等、歯科分野以外に幅広い話が聞けます。それらを通じ、「患者さんを心から思いやる、女性らしい歯科衛生士」に育ってもらいたいです。働き方も様々、女性でも長く働ける仕事です。より多くの皆さんに歯科衛生士という素敵な仕事を目指してほしいです。